プラザホープの会(自死遺族の集い)

再出発に向けて希望を模索しあう自死遺族の集いです。 

開催日  奇数月の第2日曜日 午後2時~4時半

場所    本会事務局(地図を参照)

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。

       原則として、死別後、少なくとも1年以上経過し、再出発に向けた生き方の模索に関心がある方。

参加費  500円(会員、非会員を問わず)
 
過去の話し合いテーマは、こちらのページをご覧下さい。


*参加希望の方は、できれば事前に事務局(火曜日と木曜日の午前10時~午後4時)までご連絡ください。

(当日連絡なしの参加でも大丈夫です)


次回以降の話し合いテーマ

【2017年5月14日(日) 1400~16:30】 

テーマ:『我が子を失って気づいたこと』

 

今回は、お子さんを亡くされた遺族の方が「人は誰かのために生きている。支えていたつもりが、逆に支えられていたことに気づかされた…」という胸の内をお話して下さいます。

そのお話をきっかけに、参加者同士でご自身の思いや感じたこと等を自由に語り合いたいと思います。


【2017年7月9日(日) 1400~16:30】 

テーマ:「夫を自死で亡くすということ」 …その後変わったこと、変わらないこと…

 

今回は伴侶を自死で亡くされたご遺族が、お話して下さいます。

夫を自死で失ってからの身内や世間との関係、周囲とのずれ、そして亡くなった夫との関係、それが5年経るうちにどのように変わっていったのか、そして変わらないことなど・・・。

その体験は、親や兄弟、わが子と自死で死別した方たちも共感、共有し合えるかもしれません。

お話の後は参加者同士、思いを語り合いたいと思います。