「自死遺族の悲しみの受け皿」傾聴電話ボランティア研修生の募集


NPO法人グリーフケア・サポートプラザでは「身近な人を自死で失った遺族の方」のグリーフケア(悲嘆援助)を目的とした傾聴電話を2004年から開設しています。

この活動を継続していくには研修を受けたボランティア(無償)スタッフの確保が必要です。

このため、本会では傾聴電話ボランティアに必要な専門的な知識・技術などを習得するための研修を毎年おこなっております。

この度、2021年度研修生を下記の通り募集します。

喪失の悲しみやそこから生じる様々な心の痛みに寄り添う傾聴を学んで、ご一緒にボランティアをやってみませんか。

皆様のご応募をお待ちしております。

 

1. 申し込み期間

2021年7月~10月1日(金)12時まで(定員6名)

 

2. 申し込み方法

① 氏名(ふりがな)、②郵便番号 住所、③電話番号、④E-mailアドレス、⑤職業、 ⑥年齢、⑦志望動機を300字内で記述の上、メールでお申込みください。

メール宛先:grief.care.sp@luck.ocn.ne.jp

 

3. 研修について

〇内容

グリーフ(自死遺族の喪失悲嘆)と傾聴に関する基礎知識の学習および傾聴電話の実践的訓練を行います。 Zoomでのオンライン講座(1回目)と赤坂の事務所での対面講座の併用で研修します。(Zoom経験のない方はご相談ください。)

 

〇対象者

・当会で傾聴電話ボランティア(火・木・土10時~18時)を希望する方(現在コロナ禍での活動時間は木曜、土曜の12時~16時に短縮して実施)。

・認定後は月に2回(コロナ禍中は月1回)、1回につき4時間の電話を担当出来る方。

・認定後も研鑽のための研修に参加出来る方。 ご本人が自死遺族当事者かどうかは問いませんが、健康で守秘義務を守れる方。 

 

〇日程

2021年10月9日~12月11日(毎週土曜日)16:00~18:00

1回目 10月9日(土)  グリーフの基礎知識(オンライン講座)

2回目 10月16日(土)自死遺族のグリーフと傾聴する意味(対面講座)

3回目 10月23日(土)レスポンストレーニング1 自己理解と他者理解(対面講座)

4回目 10月30日(土)レスポンストレーニング2 傾聴の基本技術(対面講座)

5回目 11月6日(土) 傾聴電話ポイント1 感情を聴く(対面講座)

6回目 11月13日(土)傾聴電話ポイント2 深く寄り添う為に(対面講座)

7回目 11月20日(土) 傾聴電話ポイント3 困難なケース(対面講座)

8回目 11月27日(土) 電話実習1(対面講座)

9回目 12月4日(土)   電話実習2(対面講座)

10回目 12月11日(土) 死生観・自死の捉え方、倫理規定 (対面講座)

 

〇講師

大学講師、公認心理士・臨床心理士、傾聴電話代表、現役スタッフ等

 

〇参加費用

グリーフケア・サポートプラザ会員:25,000円    

会員以外:30,000円

心理学専攻の大学院生:15,000円

※参加費用振込先は各自にご連絡いたします。

 

〇研修会場  

グリーフケア・サポートプラザ事務所(下記掲載場所)。

1回目のみZoomアプリ使用のオンライン講座(ご自宅からの受講)

〇問い合わせ先

認定NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂9-2-6 カルム第2赤坂103

TEL(03)5775-3876(火曜日午後12時~午後4時受付)

メール宛先:grief.care.sp@luck.ocn.ne.jp


乃木坂事務所 研修会場地図

東京メトロ千代田線 乃木坂駅2番出口より徒歩5分
東京メトロ千代田線 赤坂駅7番出口より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線 六本木駅8番出口より徒歩9分