ボランティアスタッフ養成研修を受ける

【自死遺族のための傾聴電話相談 ボランティア研修生の募集】※2017年度の研修は終了しました
 
私どもグリーフケア・サポートプラザでは「身近な人を自死で失った遺族の方」のグリーフケア(悲嘆援助)を目的とした傾聴電話を行っています。このボランティアに必要な専門的な知識・技術などを習得する研修を実施いたします。(今回は、分かち合いスタッフ研修は行いません)

グリーフ(特に自死にともなう)と傾聴電話に関する基礎知識の学習及びロールプレイによる実践的訓練を行います。

なお、基礎知識の学習も講義形式だけではなく、研修者自身も参加し、各自が課題を解決することにより学びます。

皆様のご応募をお待ちしております。
  

1. 研修対象者
グリーフケア・サポートプラザで傾聴電話ボランティアスタッフを希望する方。ご本人が遺族当事者か否かは問いません。
   
2.研修日程
①集合研修

 2017年5月18日から2017年7月20日まで毎週木曜日

 午後6時30分~8時30分(研修内容を一部変更することがあります)

 1回目 5月18日 オリエンテーション

 2回目   5月25日    傾聴の要点と課題

 3回目   6月1日    傾聴電話の基礎知識1(傾聴電話と面接相談の違いなど)

 4回目   6月8日   傾聴電話の基礎知識2  (電話の受け方、危機介入など)
 5回目~10回目   6月15日~7月20日(ロールプレイによる実践訓練)

 

②実習

 集合研修終了後1カ月程度の間に数回(1回2時間)の実習を行います。

 

3.参加費用 :グリーフケア・サポートプラザ会員:25,000円 会員以外:30,000円

 

4.研修会場:グリーフケア・サポートプラザ事務所

 

5.定員:8名 ※定員に達しましたので、締め切らせていただきました。